駐車場経営のノウハウ

駐車場経営のデメリットにはどんなものがある?

駐車場経営のデメリットにはどんなものがある?

駐車場経営は、その収益性の高さから多くの人が注目するビジネスの一つですが、必ずしも完全なメリットだけではありません。

駐車場経営には多くのメリットがありますが、事業を開始する前には必ずデメリットについても十分に調べ、リスクマネジメントを行うことが重要です。

また、地域の需要や立地条件に合わせた適切な経営戦略を立て、事業計画を作成し、収益性を見込める駐車場経営を目指すことが必要です。

駐車場経営ナビゲーター
駐車場経営ナビゲーター
本記事では、駐車場経営のデメリットについて詳しく解説していきます。

駐車場経営のデメリットは?

  • 開業後すぐに黒字になるとは限らないこと
  • 固定資産税が高いこと
  • 盗難や事故のリスクがあること
  • 土地形状によっては稼働台数が確保できないことがあること
  • 競争が激しい地域では利益を上げにくいこと
  • 月極駐車場の場合は空車リスクがあること

開業後すぐに黒字になるとは限らない

駐車場経営において、最初の数か月は黒字になるのが難しいことがあります。

特に、周辺に競合する駐車場がある場合は、利用者を獲得するために料金設定を下げたり、サービスを充実させる必要があるため、初期投資が大きくなることがあります。

また、季節によっては需要が低下することがあるため、運営計画を立てておかなければ、思わぬ出費が発生することがあります。

固定資産税が高い

駐車場経営では、土地を所有している場合は固定資産税がかかります。

土地の評価額に応じて税金が決定されるため、土地が広く駐車場の規模が大きいほど税金が高くなります。

また、市街化区域内の駐車場は税金が高くなる傾向にあり、経営にとって重荷となることがあります。

盗難や事故の可能性がある

駐車場には、車両の盗難や事故が発生する可能性があります。

特に、夜間や人通りの少ない場所に駐車場がある場合は、防犯対策を十分に行わなければ、被害が大きくなることがあります。

また、事故が発生した場合は、運営者の責任が問われることもあるため、十分な保険をかけておく必要もあります。

土地形状によっては稼働台数が確保できないことがある

駐車場経営では、土地の形状によって稼働台数が限られることがあります。

たとえば、地下駐車場や狭小な敷地の駐車場では、車両の出し入れが難しくなったり、駐車場の規模を拡大することができないため、収益性が低下することがあります。

また、斜面に位置する駐車場など、立地条件によっては、車両の乗り降りが難しくなることがあります。

これらの問題に対処するためには、事前にしっかりと調査・検討を行い、土地の形状や立地条件に合わせた駐車場の設計が必要です。

競争が激しい地域では利益を上げにくい

駐車場経営は、競争が激しい地域では利益を上げにくいという問題があります。

駐車場は比較的低い設備投資で開業することができるため、競合他社が容易に参入できることがあります。

特に、大型ショッピングモールや駅前など、需要が高い地域では多数の駐車場が存在するため、適切な価格設定やサービスの提供が求められます。

月極の場合は空車リスクがある

駐車場経営では、月極駐車場の場合、空車リスクがあるという問題があります。

月極駐車場は、利用者によって収益が安定する一方で、利用されていない期間には収益が発生しないため、適切な空車率の設定が必要です。

また、月極駐車場の場合、長期の契約が多いため、利用者によっては契約期間途中で解約することがあります。

これらの問題に対処するためには、適切な契約書の作成や、月極駐車場と日割り駐車場を併用するなどの対策が必要です。

駐車場経営のデメリットまとめ

駐車場経営のデメリットまとめ

駐車場経営のデメリットには、以下のようなものがあります。

  • 開業後すぐに黒字になるとは限らないこと
  • 固定資産税が高いこと
  • 盗難や事故のリスクがあること
  • 土地形状によっては稼働台数が確保できないことがあること
  • 競争が激しい地域では利益を上げにくいこと
  • 月極駐車場の場合は空車リスクがあること

これらの問題に対処するためには、事前にしっかりと調査・検討を行い、土地の形状や立地条件に合わせた駐車場の設計や、適切な価格設定やサービスの提供などが必要です。

また、適切な契約書の作成や、月極駐車場と日割り駐車場を併用するなどの対策も必要です。

駐車場経営は、リスクをしっかりと見極め、適切な戦略を立てることで、安定した収益を上げることができます。

PR:優良管理会社の資料を一括無料請求

\複数の駐車場運営会社を無料で比較/

無料で一括資料請求する

※厳格な国家基準をクリアした安心の企業のみ


参考代表的な駐車場管理会社の請求窓口まとめ

おすすめ投稿

駐車場イメージ 1

駐車場経営において、管理業者選びは収益を上げるためには、かなり重要ポイントとなります。 一括借り上げで運営を行う場合には、駐車場ブランドの力も少なからずありますし、管理会社の経営が傾き倒産してしまって ...

土地イメージ 2

でも、プロの業者でもないのに、土地を探すのなんて難しいんじゃないの?と思うかもしれませんが、実際にどうやってコインパーキングの土地を探したかを備忘録としてシェアします。 皆様のお役に立てば幸いです。 ...

ドリンクイメージ 3

駐車場を経営する際に、駐車場の利用料金の他に自販機からの副収入が思いのほか嬉しい収入となります。 パーキングの利用者だけではなく、一般の通行者からの利用も多くありますので、設置スペースを確保できるので ...

初期費用はいくらかかるの? 4

一括借り上げの場合は運営管理会社が初期費用や運営コストを負担しますが、自主運営の場合には初期費用を自分で負担する必要があります。 月極駐車場の場合は、敷地へのアスファルト敷設、区画線、車止めブロックの ...

保険への加入は必要?どんな種類があるの? 5

もし地震や台風などの自然災害で、駐車しているお客さんの車に損害を与えてしまった場合、駐車場オーナー・管理者は責任を問われるのでしょうか? 通常、地震や台風による飛来物の損害に関してはオーナー・管理者に ...

-駐車場経営のノウハウ